仕事

仕事を探す時間が掛かるかどうか

IT業界において、フリーランスとして独立して働いていきたいと考える人は少なくありません。では、実際にフリーランスになるうえでの問題点や気を付けておきたい改善点には何があるのでしょうか。フリーランスとして働くのであれば、まず気を付けたいのは仕事探しです。今まで働いてきた中である程度のコネや人脈があるのであれば、そこから仕事を請け負うのも良いでしょう。 ある程度お互いの仕事での実力や、成果物を終わらせるまでに掛かる時間などが分かっていれば、仕事の流れがスムーズに進むうえに無理なく作業ができます。そうすれば収入が極端に不安定になるだけではなく、評判が広まってさらに仕事を増やしていけるかもしれません。逆に、どこともコネがないのであれば、素直にエージェントを利用するべきでしょう。 フリーランスが独力で仕事を得ようとすると、自分で営業をする必要が出てきます。しかし、相手が欲しがっている人材と必ずマッチするとは限りませんし、営業先を調べる時間で本来働けるはずの時間が圧迫されかねません。仕事をする時間がなくなれば収入にも響きますし、マッチしないスキルで評価をされてしまえば次の仕事が受けられなくなるという危険もあります。そのため、自分のスキルを活かせて評価が得やすい仕事を始めにこなしていくのがベストです。スキルがマッチするかどうかを調べるために掛かりうる時間を抑えるべく、エージェントを有効活用することを考えましょう。

フリーランスの魅力と仕事の得方

フリーランスの魅力は、時間や場所を選ばず自分の好きなように働ける自由さです。フリーランスとは、企業と雇用関係を結ばず、案件ごとに契約を交わす働き方を指します。エンジニアやプログラマー、デザイナーなど職種は様々ですが、パソコンやインターネットを用いて行われる仕事が多いのが特徴です。会社員のように時間に拘束されることがなく、煩わしい人間関係に悩まされることもないので、無駄なストレスを溜め込まずに好きな仕事をして自由に働くことができます。 また、良く似たような意味合いで用いられるのが、ノマドワーカーという言葉です。ノマドワーカーとは、カフェなどのWi-Fi環境のある場所を転々としながら場所を定めずに働く人を指します。しかし、企業に属さない人もいれば、企業に勤めている人もいるのが特徴です。この点がフリーランスとの違いで、より自由度が高いのがフリーランスであり、その自由さこそが最大の魅力でしょう。 もちろん、仕事は自分で取らなくてはなりませんが、フリーランスへ仕事を紹介する案件サイトが多数存在し、それぞれに特徴があります。例えば、幅広い分野の案件を紹介しているサイトや高単価の案件が多いサイト、相談に乗ってくれるアドバイザーが付くサイトなどがあり、必要に応じて上手く使い分けることが大切です。案件サイトを上手に活用し、効率良く自分に合った仕事を見つけることが、フリーランスとして成功する秘訣だといえます。より詳しく案件サイトについて述べているサイトを利用して、自分に合った案件サイトを見付けてみましょう。